私のユリーカ 幻想画家:福本晋一のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 素人作家ラヴクラフトの限界

<<   作成日時 : 2018/04/15 23:23  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

久々に、20世紀最大の恐怖小説家とも言われるラヴクラフトの代表作『ダンウィッチの怪』を再読する。

ラブクラフトの恐怖小説ははっきり言ってそんなに怖くはない(怖いというよりはむしろ気持ち悪い)。優れた恐怖小説の武器である鋭さはないし、文体、物語はこびは、なんだか研究論文でも読んでるような固さだ。しかしそれでも結構コアなファンがいて、私なども忘れたころに読みたくなるところがあるのは、おそらくは、ぎこちない自閉的ひとりよがりの心地よさみたいなものがあるからではないかと思う。

事実、ラヴクラフトは一種の自閉症であった。家に閉じこもり、安っぽい怪奇雑誌にぼつぼつと自作の怪奇小説をときおり寄稿していただけで、プロの作家とはいえなかった。文章添削の仕事もしていたというが、一番たくさん書いていたのは、創作よりも、ファンや、三流雑誌の同人的作家との手紙のやりとりだという。それは創作の量をはるかにしのぐ異常な量だという。

つまり創作より手紙を彼は優先していたのだ。これは彼の孤独からすると仕方がなかったことかもしれないが、同時に彼が真のプロになれなかった理由ではないかと思う。ここでいうプロというのはただ、「それで食べている」という世俗的な話ではなく、自分の存在を賭けていたかということである。たとえばゴッホの絵はきわめて素人っぽく、実際生前は全然収入になってないが、それでもゴッホの絵はプロの絵であるというコンテクストでの意味である。坂口安吾が言ったように、真の作家の仕事というのは、芸能人のように現世のファンを相手にするものではなく、もっと大きな世界、時間、人間という全体そのものと対照されてあるもののはずだ(もちろんその中に現世のファンは含まれるのは含まれるわけだが)。ところが、ラブクラフトは、ファン、友人との手紙のやりとりに生の、自己の存在の喜びを見出してしまった。こういう意味で、誰が言ったか忘れたが「ラヴクラフトは、ポーのような常識を超えんとする人格ではなく、基本的に普通の人物だった」というのは当たっていよう。

もっとも本人がそう望んだというか、それでよかったのだろうから、それでいいのであるが、こういうところにラヴクラフトの真に傑作と呼べる領域には達しえぬ限界があるように思う。そしておそらくはその魅力も。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
素人作家ラヴクラフトの限界 私のユリーカ 幻想画家:福本晋一のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる