「かごめ」と「通りゃんせ」その真の意味

「かごめ」と「通りゃんせ」といえば、日本の二大「よく分からないけどなんだか怖そうな歌を歌いながらあそぶ遊び」で、その歌詞の解釈もいろいろな説があるようだが、歌詞の内容は二義的なことだと思う。歌詞より、遊びそのもののほうが、より本質的で、かつ神秘的だと思うのだ。歌以前に、遊び自体が危機の、怖い状況を形作っているからだ。 「かごめ」では、真ん中で目を両手で覆ってかがまされている子は、その他全員…

続きを読む

鴨居玲論~ダンディズムの孤独

私は、鴨居玲について語るとなると、つい「鴨居のおっさん」と言ってしまう。もちろん地元神戸の画家というのもあるが、鴨居玲が一時期住んでいた家は、私の実家から300mほどしか離れてないところであったし、また墓所は、今、私が住んでいるところから1kmも離れていないところにある。それで特にその絵が嫌いでもないのなら、親しみを感じるなというのが無理というものであろう。 しかし鴨居のおっさんなどと呼ぶ…

続きを読む

画集作ってみました!『福本晋一 遠い街』

画集作ってみました。 苦労したのは、作品選び。いちおう、作品集としてまとまりが必要かなということで『遠い街』というテーマというか、コピーつくってそれを基に掲載する作品を選んでみたのですが、このテーマから外れている作品でも「いいんじゃないか」と思えるものもあったりして、結構悩みました。結局最後は「えいや!」で選んじゃいましたけど。あと、私の場合、横長の絵が多いので本のサイズも悩みまし…

続きを読む

レンブラント『ユダヤの花嫁』を模写しました。

レンブラントの最高傑作という声もある『ユダヤの花嫁』を模写しました。 『ユダヤの花嫁』 模写 P20号 この絵は男性の右袖が素晴らしく絵具で盛り上げられていることで有名で、レンブラントの絵具盛り上げの例としてもっとも引用される絵でもありますが、私が、どう描こうかともっとも悩んだのは、むしろ男の服の盛り上がっていない部分でした。具体的に言えば胴体の部分。なかなか判別できないので、も…

続きを読む

日本の学校の部活は残業の予行演習である

日本とドイツの教育の違いについて書いた本を読むと、ドイツの学校には「部活」がないそうである。いや、ないこともないのだが、特別授業の範囲で、入る人は極めて少ないらしい。だからドイツではサッカーをしたい生徒は、地域のサッカークラブに入り、演劇をしたい人は地域の演劇活動に参加する。このへんはドイツに限らず海外全般そうであることは、すでに多くの人が知ってることだろう。私も知っていた。 しかしその本…

続きを読む

ミレーの『晩鐘』を模写しました

ミレーの模写は『落穂ひろい』に続いて2作目。前回の『落穂ひろい』は50号の作品を8号に縮尺しての模写でしたが、今回はほぼ同寸模写。しかし、こっちのほうが難しかったです。 ミレー『晩鐘』模写 F15号(53×65.6㎝) 薄暮なので形態の輪郭もぼやけてますし、全体も薄暗い。それになんか『落穂ひろい』よりこっちのほうが描きこんでるような気が……。 しかし今ミレーって人気あるんで…

続きを読む

レンブラントの『読書するティトゥス』を模写しました

欧米で古典絵画の美術館を巡っていて、同じような絵ばかりにあくびが出始めたとき、突然ハッとさせられる絵に出会う、と、それはたいていレンブラントの絵であると、これは私の経験ですが、同じことを書いている人がどこかにおられました。レンブラントの絵の存在感はすごい。 レンブラントは原画と複製の違いが大きい画家です。もちろん原画のほうがずっといい。レンブラントに比べたら同じオランダの四半世紀後輩のフェ…

続きを読む

日本人はなぜきれい好きか

コロナの死者が多い国には共通点がある気がする。それは、いかにも「マスクをしたがらない国」、つまりはオープンで派手、アグレッシブな国なところである。実際、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ブラジルときたら、世界の覇権を握ったことのある国ばかりだ。ブラジルはサッカーで、かもしれないが。 逆に死者数が少ないのは、奥ゆかしい、大人しい国である。これらは個人レベルでも言える気がする。…

続きを読む

『インスマウスの影』と『アブサロム、アブサロム!』~アメリカの暗部

『フォークナーとラヴクラフト』などというタイトルで一文をしたためるとなると、「頭がおかしいんじゃないか」という声が、特にフォークナー・ファンのほうから聞こえてきそうである。いや、そう言われるのはまだいいほうで、おそらくフォークナーの読者はラヴクラフトなんてなじみがないだろうし、ラヴクラフトの読者のほうはもっとフォークナーなんて知らないだろう。同じ20世紀前半のアメリカの小説家同士とはいえ、かたや…

続きを読む

少年よ大志を抱くな

 BOYS、BE AMBITIOUS! 少年よ、大志を抱け! 他にも、夢はできるだけ大きく持とう! などいろいろなヴァリエーションがありますが、私は、夢ってものは度外れに大きく持ったら、今の自分との差が大きくなるだけで挫折する可能性のほうが大きいと思います。いや、挫折するならまだいい。それは挑戦したということだから。よくないのは夢がデカすぎて、何もしない、できない、というままで終わってしまうこと…

続きを読む

なぜ大和型3番艦の名は信濃なのか?

戦艦大和といえば誰もが知る日本が建造した世界最大の戦艦だが、この大和型戦艦の3番艦は空母に設計変更されている。名前は信濃。空母としても当時世界最大の艦だった。しかしなぜ3番艦の名前が信濃なのだろうか? 旧海軍の戦艦は旧国名をつけられる。これは戦艦から空母に設計変更になった艦の場合も同じであり、だから旧国名なのは問題ない。なぜ大和、武蔵ときて次が信濃かということなのだ。 同型艦の場合、…

続きを読む

『第九:歓喜の歌(よろこびの歌)』を日本語で歌ってみよう!

歌える和訳歌詞シリーズ第三弾! シラーの「歓喜に寄す」によるベートーヴェンの第九、すなわち歓喜の歌です。一応、学生時代の第2外国語はドイツ語でしたが、それが役に立ってるかどうか。 この歌の訳には難儀なことがあります。それは部分的にリフレインされるフレーズが多いこと。つまり原語の歌ではある1行のフレーズをリフレインしたりするのですが、そうなると、日本語の都合上、次の行とあわせて2行で意味が通…

続きを読む

個性の出し方、スタイルの作り方

最近つくづく思うのは、当たり前のことかもしれませんが、「今の自分以上の作品は描けない」ということです。エンターテインメントの作品なら別かもしれませんが。 「今の自分」というのは、今の自分の「状況、環境、感情、こだわり、才能、体力などなど」すべてを含んだものです。 私は、絵を実際に描くまでは、もっとドロドロした人間の根源的情念みたいなすさまじいものを描きたいというか、描くべきだというか…

続きを読む

日本にはなぜ哲学者がいないか

日本には哲学学者はいるが、哲学者そのものはいないといわれる。しかし私は日本にも、哲学的思考の持ち主はいると思っている。ただ、それを受け入れるベースが日本にはないのだ。 哲学とはものごとの根源を考え抜くものだ。根源を考え抜くのだからこれをやるには相当の時間とエネルギーが必要で、本格的にやるなら、やはり職業としてというか、それ専門にしなければできないことなのだろう。そして根源の説明というのは人…

続きを読む

『ホテル・カリフォルニア』を日本語で歌ってみよう!(Hotel California 歌詞和訳)

今日は音楽の話でもクラシック以外、イーグルスの名曲『ホテル・カリフォルニア』の歌詞を日本語訳してみました。しかもちゃんと歌えるように! この曲の歌える和訳を完成させることは悲願でした。以前、ポオの『鴉』の訳もここで披露させていただきましたが、私は翻訳作業が結構好きです。実は学校時代、語学は全然勉強しなかったし(他もしませんでしたが)、成績も悪かったんですが。しかしよく考えたら、『鴉』と『ホ…

続きを読む

日本海軍航空母艦 艦橋位置変遷の真相

私は航空母艦が好きで何度か描いているが、今日は日本の航空母艦のあることについてちょっと気が付いたことがあるので、マニアックな話にはなるが書き留めておきます。それは、日本の航空母艦のころころ変わった艦橋の位置の真相について。 アメリカの航空母艦などは最初から最後までずっと艦橋は飛行甲板の右舷中央である。そのうしろに煙突がある。変更点があったのは最初は艦橋と煙突は別々に立てられていたが、じきに…

続きを読む

レイテ沖海戦 栗田艦隊の反転を擁護する

栗田艦隊のレイテ湾直前の反転といえば、太平洋戦争における、もっとも大きな謎のひとつとされているが、私は謎と思ってない。フィリピンのレイテ島に上陸したアメリカ軍を叩くために出撃した栗田艦隊は、レイテ湾の東入り口に達したとき、北方に敵機動部隊がいるという電報を受け取ったためレイテ突入をやめ、その敵機動部隊を追って北上してしまった。だが、そこに敵はいなかったため、栗田艦隊はそのまま元来た道をたどり、基…

続きを読む

UFO――冷戦下における核戦争への恐怖からの目そらし

『UFOとは何だったか?』と過去形なのは、もうUFOの時代は終わったと思うからだ。そういうわけだから、「何だったか」と言っても、それが宇宙人の乗り物だったのか、自然現象だったのかとそういうレベルの話をしたいのではない。世界的なあの「UFOブーム」とは人間にとって何だったのかという本質的な話を考えたいのである。 実は私自身、子供時代、大のUFOファンだった。しかし、今はもう信じていない。周囲…

続きを読む

古事記偽書説と本居宣長の純粋日本幻想

この前、『令和』という文字の並びがあるということで古事記についてふれましたが、古事記について私は以前から、ひとつの関心を持っている。それは古事記が平安時代に捏造された偽書だという説があることだ。骨董も然りだが日本史上、偽書というのは結構多いのである。 古事記偽書説はアングラのレベルではない。ゆえに「古事記を偽書と言うなどもってのほか!」という圧力も強いようである。それがまた偽書の疑いを強く…

続きを読む

『令和』という言葉が万葉集ではなく古事記にある 令和平其麻都漏波奴人等

このことはネット検索してもヒットせず、どうも誰も気がついていないようなので、私が書かせていただく。新元号『令和』は万葉集が出典というのが国の説明であるが、本当は、古事記ではないかということだ。 国が説明している万葉集の部分をまず下に示す。 初春令月、氣淑風和 (訳)初春の令い月にして、空気は美しく風は和やかで わたしゃまた『令和』って言葉自体があるのかと思ったので、この飛び石…

続きを読む