有機的建築とは何か? その機械美との相似

私はフランク・ロイド・ライトの建築が好きだ。なぜかといえば美しい、もっと平たく言えば「かっこいい」からだ。「かっこいい」――なんという子供じみた言葉であろうか。であるが実感なのだから仕方がない。しかしライトの建築は、軍艦、飛行機、あるいは未来的宇宙ステーションの想像図といった男児が喜ぶような「かっこいい」ものを連想させるところがある。案外と『かっこいい』という表現は、ライト自身が自分の建築に名づけた「有機的建築」の本質をついているかもしれないのだ。

実際のところ、初期の代表作プレーリーハウスの傑作「ロビー邸」(1906年:下図)は、近所の人たちから「戦艦」(一説には蒸気船)と呼ばれていたという。

画像


確かに水平に低く伸びる形状は船の船体、そして何より大きく跳ねだした屋根は戦艦の特徴である主砲砲身の跳ねだしを感じさせる。また後期の代表作であり、ライトのもっとも有名な作品として知られている「落水荘」(1936年:下図)なども、戦艦の艦橋に見えないこともない。(下々図はドイツの戦艦ビスマルク:1940年竣工)

画像


画像


もちろんライト建築の原型が「戦艦」であるわけではなかろう。しかし、「ロビー邸」、「落水荘」とも戦艦に似ていることに気づいた次に、われわれはこれらがもうひとつの「乗り物」に似ていることを発見するのである。下図のモデル図を見ていただきたい。

画像


「ロビー邸」も「落水荘」も、メインに大きく伸びた水平部Aがあり、その上に水平部Aと直角方向に小さな水平部Bが跳ね出す。そしてこの水平部Bを支えるような垂直部分CがAを貫いている。そう、今度は「航空機」に似ていることに気づくのだ。

「戦艦」と「航空機」。どちらも近代工業機械の代表的存在である。ここで立てたくなる仮説は、ライトの建築形態は、近代工業機械の機構美と同根ではないかということである。これは「住宅は住むための機械である」という文脈での意味ではない。またライトが軍艦や飛行機を模倣したということでもない。機械の形態が作るその「美」とライトの建築の美が、美的レベルで同質なのではないかという意味である。

ちなみに画期的な英国の近代戦艦ドレッドノート(超ド級という言葉の語源となった)が竣工したのが1906年であり、「ロビー邸」の竣工と同じ年である。航空機についても年代の同期性が見られる。ライト(!)兄弟が初の動力飛行に成功したのが1903年。ライト兄弟の航空機はプロペラが後ろにあり、今の飛行機と形がかなり違うが、現在の航空機の形、つまり上のモデル図に見るような航空機の形を作ったフランスのブレリオ機が航空機の最初の偉業たる英仏海峡横断を果たしたのは、やはり1906年のことであった。

機械のメカニカル形態がなぜ建築の上に降りてきたか。今も申し上げたが、別にライトの建築は、その機能的必然としてそういう形になったわけではない。また「戦艦」「飛行機」の形態を真似したわけでもない。だが、機械というものは、相互の部分部分が必然を持ってひとつの目的を果たすのであるのだから、それを一個の有機体と呼んでもいいだろうし、また生命体に類似したものであるととってもいい、このことはヒントのひとつになる。

早い話が、ライトは建築を一個の生命体と見なしているのではないかということである。別の表現を使えば、ライトは建築を、生命の喜びである動性の発露であると見なしている。(ライト自身にそれを指摘すればそんなことは意識的に考えてないというだろうが)

機械もひとつの目的のために還元される連続的性質、すなわち有機性を持っているのであれば、同じ機能を持った生命体と、機械は自ずと似てくるだろう。鳥と飛行機は似ざるを得ないのである。素材が異なるだけで、原理は同じだからだ。そして、この動性、有機性が生む美を建築に反映しようとしたら、どうなるか。建築は生命体でも機械でもないが、(住宅は住むための機械であるというのは、近代建築黎明期の革命においてのみ意義があった概念にすぎない)、建築が工業資材で構成されている以上、結局生命体ではなく、機械の形状に似ざるを得なくなるのだ。

この機械的動性を建築に反映するという文法を可能にしたのは、近代工業技術の発達であった。ライト建築を構成しているパーツはそれ個々自体が完結的である。あるひとつの壁にしても、あるひとつの屋根にしてもそれ自体が完結している。つまり部品的なのである。このような建築エレメントのパーツ化とでも呼ぶべきものは近代工業技術が可能にしたものである。たとえば、ライトの形態のもっとも大きな特徴は、低く伸びる水平性――それでいて地面から浮いているように見える――だが、この形態自体、「ロビー邸」の異常なほどの軒の出が木材でなく鉄骨でできているように近代の工業技術なくしては不可能なことだった。そこでは屋根はひとつの完結したパーツと化している。パーツ化したそれらは現場的具体性の束縛から解放され、自由な構成へはばたくことができる。パーツ化して独立した部品たちが、X方向、Y方向、Z方向に配され、かみ合わされて、組み立てられる。これは内部空間においては流動性をもたらすものとなるだろう。これは今までの建築、とりわけ西洋建築にはなかった構成手法である。むしろこの完結したパーツを組み立てるやりかたは子供の積み木遊びに近い。そしてライトこそ幼い時、積み木に深く親しんでいた子供なのであった。

実際、ライトは終生、子供っぽさを多分に残していた人間であった。彼のパースつまり《完成予想図》における色鉛筆の着色の仕方なども、何か子供の塗り絵を思わせるものがある。これらはライトがなぜ、動的、有機的性質を建築に取り込んだかの証左となるものであろう。子供が機械、とりわけ乗りものを喜ぶのは、それがもっとも単純、原始的な生命体の歓喜、動性を持っているからだ。

ライトに形態のイメージを与えたものとしては、日本建築にまず指を屈すというのが常識となっているが、ライト自身は、浮世絵の単純さからは学んだが、日本建築からの影響は人が言うほどではないと最後まで拒否的であった。実のところライトは、日本建築の真骨頂であるところの、夏の蒸し暑さ対策を基準とした風通しのよい開放性、地面がぬかるみやすいゆえの高床、貧しいがゆえの簡素の美学などの内実を学んだとは言えず、あくまで日本建築の深い軒の出、水平性といった外見だけを真似ている。そう、ライトは外面的な形態の美を模倣するのである。だから機械、及び建築がなぜそのような形をとるかという内的なロジックには彼は興味を示さない。モダニズム建築の端的な玉条「形態は機能に従う」などという言葉を一笑に付す。ただ彼は「動的な美」の構成を目指すのである。

しかしその美的構成法も近代工業技術が可能にしたものであった。近代建築史では芸術作品寄りであるとして傍流扱いされているライトだが、実際にはその設計ボキャブラリー、原理、手法もまた近代工業の上に成り立っていたのである。この意味では、ライトもまた、工業時代の作家であったと言えよう。もっとも時代の作家でない作家がいるだろうかというものであるが。


その他ライトに関する私の記事
『ジョンソン・ワックス社ビルと仏教建築』

『第三都市 幻想画家:福本晋一ウェブサイト』
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukusin/























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ジョンソン・ワックス社ビルと仏教建築
Excerpt: フランク・ロイド・ライトの建築が日本建築の形態の影響を受けていることは誰もが知るところである。ロビー邸は平等院鳳凰堂(下図)だし、ユニティ教会のプランは、日光東照宮の本殿と拝殿を『呂』の字型につなぐプ..
Weblog: 第三都市~福本晋一 私の幻視世界
Tracked: 2016-07-06 23:29