白井晟一論~再統合を暗示するアクティヴな廃墟

白井晟一論1.再統合を暗示するアクティヴな廃墟

静岡にある白井晟一の最晩年の傑作「芹澤銈介美術館」~別名「石水館」(下図)をして、ある方がブログで『国籍不明の要塞』という表現をしていた。白井の晩年の石の建築に対しまさに言い得て妙である。

画像


白井晩年の荒肌の石で築かれた建築(実際の構造体は鉄筋コンクリートで、石は化粧として張っているのだが)は、フランスのカルカッソンヌのような西洋中世の城塞都市を思い起こさせるものだが、西洋中世という言葉だけでは形容しきれてないものがあることはすぐにわかる。西洋中世の城塞都市にしては、静謐で、精妙で、繊細で、簡素で、女性的。そう、そこには日本の感性が感じられるのである。

私は白井晟一の作品を見ると、西洋建築のボキャブラリーが日本的感性によって再編成されているということをまず感じる。しかしこれはあまりに素朴にすぎる見解であろう。そもそも白井の建築ボキャブラリーは西洋建築だけに限定されてはいない。日本建築のボキャブラリーもあるし、また近代科学技術というボキャブラリーが使われることもある。これらのボキャブラリーを白井は論理的に意識、選択はしていない。それは日本的感性というものに対しても同じことで、白井は「自分は日本的美について特に意識していない」と述べている。「論理的、観念的に捉えるな」というのは白井のよく言うところであり、彼はあくまで肉体で捉える。もちろんそのことと白井の土台にあるものが日本的感性であることとは矛盾していない。

白井作品に感得される日本的感性とはあまり晦渋なものではない。それが数奇屋、千利休に始まる侘び、寂び、草庵茶室、または竜安寺の石庭を生んだ精神と近似のものであることはあまり説明がいらぬ。草庵的精神は、省略の美学、抑制の美学、つつましさの美学と言ってもいいが、清貧、貧しさの美学と言ってもあながち間違いではあるまい。日本美の特質は、貧しさにあると言ったのは白井晟一その人であった。また「デザインとは殺すこと、おさえることだ」と言ったのも彼である。

こういうと「白井は石という高価な材料をふんだんに使っているではないか」と反駁も出よう。確かに石は現在、高価な材料であるが、それは流通上の話であって、白井作品において石は、原始的に、あるいは逆に、自然の産物としての属性を奪われたような鏡面仕上げでもって抽象化が施される素材として扱われる。その意味でやはり抑制されているのである。白井の最高傑作である「親和銀行本店コンピュータ棟」~別名「懐霄館」(下図)にしても、黄土色の砂岩は原始的な荒肌のまま積み上げられ、入口まわりの赤御影石によるゴシック建築の薔薇窓めいた丸窓とルネサンス建築のような四角い門型は、西洋的なモールディングが最低限に施されているにすぎない。

画像


ここでは建築のボキャブラリーが断片としてのみ存在しているのである。(断片が配置されているという意味では同い年の建築家スカルパとも共通している)白井の建築が断片の羅列というのはよく指摘されるところで、磯崎新氏はそれをマニエリスム的と表現した。下図は白井の自邸、「虚白庵」の玄関であるが、この写真などは、断片を用いた白井空間の代表的なものと言えるであろう。暗闇に浮かぶ東洋の書と、西洋の彫刻という異郷同士の断片と断片。

画像


断片はあくまで断片である。問題は、この断片の羅列によって表されているものが何かということである。断片が発揮する心理的作用は何か。それは全体像を暗示するということである。かつて全体があったからこそ断片は断片なのだ。その意味では、白井の感性は、数奇屋はもとより、利休の草庵茶室さえさかのぼり、竜安寺の石庭に似ていると言えよう。暗示するということは、多くを言わないということである。貧しさの美学と合わせて、ここに奥ゆかしさ、無言実行を良しとする日本的感性がある。ただそれは決して抑え込まれて奴隷的になった精神とはちがう。むしろ抑え込まれながらもの反撃である。なぜなら暗示にせよ、それは表現であるから、自己主張の一種だからだ。

建築で断片といえば、より思い起こされるのは、石庭より古代建築の廃墟であろう。(廃墟と石庭の美は似ていると言ったのは三島由紀夫である)廃墟こそまさに断片である。残された数本の不完全なオーダー(列柱)は、かつての壮麗なる全体像を偲ばせる。それでは、白井の建築もまた断片であるなら、この断片の持つ「全体像を偲ばせる」という機能を足がかりに解読を試みることができはしまいか。いみじくも白井がアンケートの答えとして、古今東西で好きな建築としてあげたのは「ギリシア、ペルシアの廃墟」だったのだ。

白井の断片は、何かの「全体像」を暗示していると言えるのではないか。白井自身がそう考えていたかは別として。そう、優れた作品は作者の意識的意図を越えるから、優れた作品と認知されるのであるから。白井は洋の東西、過去と現在の断片たちを混淆して何を偲ばせたかったのか。けだしそれは、西洋も東洋もない、過去も現在もない、すべてがひとつとなった、「プリミティヴ」な世界の全体像ではなかろうか。プリミティヴは白井の用いるキーワードのひとつでもある。もっとも、白井の全体像に具体像はないのかもしれない。だからこそ逆に断片による「暗示」でしか表現できなかったものとも言える。しかしそれは現在、いや永遠に仮定でとどまるにせよ、確かに感じられるものである。感じられるということはその意味で存在しているのだ!

廃墟はかつて存在していた壮麗な建築を暗示するが、白井のつくる廃墟は、かつてあり、そして今もあり、そして未来にもあるもの、人間の故郷たる完璧なる根源の全体像を暗示しているように私には思える。少なくとも、私にはそういう示唆を与えてくれる。私が断片の集積たる白井作品、西洋と東洋、古代と先端の共存している白井建築を見て感受するのは、忘れていたあの懐かしい全体像が確かに存在する、そのことを認識する喜びなのだ。

だから白井の建築は廃墟と同じ暗示的なものだとしても決して廃墟ではない。断片に朽ちてしまったものではない。むしろそれは再統合へと向かっている生きた生命である。もし白井の作品を廃墟というならそれは、過去を偲ぶ廃墟ではない、前を向いたアクティヴな廃墟と呼ぶべきであろう。


白井晟一論2.屋根、洞窟、胎内~建築の原点回帰 (2015.12.09の記事をここに移転)

建築家白井晟一は「物を作りたければ1度プリミティヴなところへ帰れ」と再三発言している。人間根本の欲求を1度追体験しなければ創造は不可能というのだ。

プリミティヴに帰る――それは白井自身の方法でもあった。

つまり建築におけるもっともプリミティヴなものは屋根である。まず雨風という自然の障害を防ぐという要求に始まって建築は誕生した。屋根が壁、あるいは柱によって持ち上げられたのはのちのことであり、当初は屋根がそのまま壁の役割をも果たしていた。屋根こそ建築の第一位の部位であった。

画像


白井の建築において初期から屋根が強調されていたのはそのためであろう。(上図:秋ノ宮村役場)白井建築の大きな切妻屋根というのは、後期の石の建築になってからも変わっていない。

しかしこの大屋根をして白井建築の精髄とは言えないであろう。なぜなら、屋根よりもっとプリミティヴなものがあるからだ。それは白井の中期の野心作『原爆堂計画』に現れた。

屋根よりももっと建築において『プリミティヴ』なもの―それは洞窟である。

画像


『原爆堂』(上図:断面図)は地下道を通って人工の池の只中に屹立する本堂に至る。この地下道を通るアプローチは同時期の『半僧坊計画』でも展開されており、当時の白井が固執していたものである。

この『原爆堂計画』において白井は自らの建築造形精神を確固たるものにした。外界の物理的脅威から人間を守るのが建築の本質であるなら、外界の物理的脅威の最たるものが原子爆弾であることも論を俟たない。

白井の後期の作品に石がふんだんに使われだしたのも、それが洞窟であるからではないか。つまり白井の石の建築は西洋追従主義、あるいは歴史尊重というよりは、よりプリミティヴなアプローチで達成されたものなのだ。事実、洞窟的性質は後期の作品にいろんな面であてはまる。石の広い壁面にポカリと一箇所あけられた入り口はまさに洞窟そのものである。また白井が多用するアーチ形状や楕円形の開口部にしても、組積造の技術成果であるアーチ構造の形状引用というより、洞窟のそれを模したものに思われる。白井の建築に極端に窓が少ないことも同じ理由として説明できるであろう。

しかし白井のプリミティヴへの掘り下げは屋根と洞窟では終わらなかった。屋根の前には洞窟があったが、洞窟の前には何があったか? 人の身を、雨風や外敵から守るものとして何があったか?

胎内である。

画像


画像


白井の石の建築がなぜ曲面で構成されるのか、なぜシンメトリーなのか、なぜ縦スリットの開口が多用されるのか。それが母体(女体)だからである。(上図上:親和銀行本店第三期、上図下:聖キアラ館)白井の後期の石の建築にはすべて中央に池がある。これが羊水であることは明らかであろう。また、白井の内部空間は平面図的にも立体形状的にも人間の臓器を思わせるところが多い。

胎内回帰願望としての建築――しかし建築とは言ってみればすべて胎内回帰願望の現れではなかろうか?

『第三都市 幻想画家:福本晋一ウェブサイト』
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukusin/














ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック