ニーチェの発狂、そして永劫回帰の正体

1.ニーチェの病気、発狂の正体

ニーチェは、45歳で発狂し、その後、正気に戻ることなく55歳で没した。少年時代からニーチェの体にはおかしいところがあった。頭痛、眼痛、めまい、吐き気の発作を繰り返して起こしていたのである。26歳で大学の正教授(!)になりながら、35歳で退職を余儀なくされ、以降、孤独な著述活動に専念することになったのも、その発作のゆえであった。

この病気は、少し前までは、梅毒による進行麻痺と目されていたが、最近では否定されている。では何であったのか?

もちろん私は医者ではないが、私は彼の病気は、すべて神経性、精神的なものと見る。

彼が著した思想は、キリスト教は人間を常識で縛ろうとする奴隷道徳だとし、生命の燃焼と人類全体の彼方への意志を体現する超人の新しい道徳を説いたところにあるのだが、実は、その奴隷道徳に一番染まっているのが、彼自身だった。

ニーチェの父は牧師である。そしてニーチェ自らも少年時代は牧師を目指した。彼は大変マジメな人物だったという。この「マジメ」という意味は、既成道徳にちゃんと従っているという意味に解してよかろう。事実、ニーチェはそうだった。彼が26歳で教授になれたのも、学者として優秀だったばかりではない。マジメであるところもまた高く評価されたからだと思う。

ところが、その既成道徳に従う屈辱を誰よりも抱いていたのも彼だったのだ。それが超人の思想を生んだわけだが、その既成道徳への反抗は、彼の体にも異変を引き起こした。彼の体はすでに既成道徳で出来上がっていたからだ。

自分の肉体が信じている行動規範に、頭が反抗を企てるとき、体にまで異変が起こるということは、多くの人が体験していることあろう。ニーチェの場合、肉体の信じていることと、頭脳が命じることにとてつもない落差があった。そのため、その病状も人並み以上に激しいものとなる、果ては、発狂までしてしまった、と事実はそういうことではなかろうか。

ニーチェは「君の肉体を信じ、君の肉体に従い生きろ」と言うが、実際は、ニーチェ先生に言われなくとも肉体を軸に生きている人は大勢いるのである。ニーチェは「没落せよ」と言うが、こうすれば安全と頭では分かっているのに破滅の方向に生きてしまう人は案外多い。そもそも、破滅に至るまでは大げさとしても、「肉体に従う」生き方しか人間には畢竟できないのが事実だ。頭で考えて人生を生きていたら、それこそニーチェの厭う何の前進性もない人生となるであろう。また、ニーチェは「人間において偉大な点は、彼自身が目的でなく、彼がひとつの橋である点にある」というが、多くの人がそのように生きている。つまり子供を作って死んでいく人生である。

だからある意味、ニーチェの言っている人生指針は、当たり前のことを言葉で解説しているにすぎない。その言葉の啓発力はニーチェと同じ類の人にのみ意味があるだけなのである。実際、私には、ニーチェの『ツァラトゥストラ』などは、マジメ青年に向けて書かれた「不良になろう!」本のように思えることがある。ただその語り口がどう見てもマジメ人間のものなので、マジメ本に見えるだけで。

マジメ、つまりは奴隷道徳が、彼の肉体にまで侵食していたというのなら、結局、発狂しか、その桎梏から抜け出す方法はなかったということなのかもしれない。彼は『ツァラトゥストラ』に「超人とは狂気である」とすでに言わせていたのである。彼は「肉体」こそ真の「思想」だという。しかし、彼には実は、彼が「信じろ」というところの「肉体」が、つまりは「思想」がなかったのかもしれない。だから、超人という『思想』を創りあげざるをえなかったのではあるまいか。


2.これが永劫回帰?!

ある日、「これがもしかしてニーチェの言う永劫回帰?」と感じた経験があるので、書いときます

それは、この前、実家の押入れに眠っていた18歳~26歳のあいだの私自身の日記、というか、悩みやらグチをしたためたノートを読み返していたときのことだった。

まあ、そのノートに書かれた内容は、なーんの価値もないものである。実にくだらないことにオオゲサに悩んでいる。必要以上の自己卑下。一般論への逃避。逆恨み。などなど。並んでいる言葉は、今の私から見れば、苦悩というより、結局、行動、決断しないための言い訳にしか見えない。(実際、読んだ後、破って捨てた)

今の私なら、そのときの私に、こう言うだろう。「考え込んでも堂々巡りで終わる。決断すべし」と。

しかし、昔の私が、そんなアドバイスに耳を貸したか、つまり決断したか、行動したかははなはだ怪しい。そもそも「決断」というものは追い詰められないとできないものだ。「決断」という言葉自体に「追い詰められて」というニュアンスがすでにある。つまり私はそのとき決断などしなかっただろう。私はやっぱり、このノートに書かれている私であっただろう。

そのときだ。これこそニーチェの言う『永劫回帰』なのではないか!? と思ったのだ。

ニーチェは言う。「私は何度も、何度でも永遠に繰り返してこの同じ人生に戻ってくるだろう」

これは、つまり何度昔に戻れたとしても、結局同じ人生を歩んでしまうだろうということと意味は同じである。

「何度、私は人生をやりなおしてみても、きっと同じ人生を歩むだろう」
これは多くの人が思ったことがあることではないか。そうなのだ。何度やり直しても、あなたの人生はきっと変わらない。あのとき、こうしてれば、ああしてればというのは、今となって思えることで、そのときに戻れば、きっと同じことである。そのときは、それがそれであったそれだけの全体的必然があってそうなったのだから。また、私が違う人生を歩んだなら、それはもう現在そう考えているところの私ではなくなってしまう。

「私は何度も、何度でも永遠に繰り返してこの同じ人生に戻ってくるだろう」
この考え方には、人生の一回性の絶対感が映し出されている。ただ単に「人生は一度しかない」とか「過去は変えることができない」という月並みな言葉とはニュアンスが違う。迫ってくるものが違う。ある個人の人生の不動の絶対感、その恐ろしさがある。 いや、絶望感さえ感じられる。あなたの人生はそれ以外にはなかった、と言っているも同じだからだ。しかしこの考え方は同時に感動的でもありはしないか!?

運命――そう、確かに私の人生は、それ以外なかったし、今もないのだ! 

ならばそれを否定しても何も始まらない。肯定するしかない。それも最高最強の形で! 

然り。人生が永劫に回帰するという『考え方』は、ニーチェが言うとおり、人生の最大の肯定の形式なのである。本当に回帰するか否かという科学の話ではないのだ。今の人生を肯定できるかできないかが問題なのであり、肯定するしか生に対する喜びも充実もないのであり、永劫回帰の思想とは、その肯定に向う最強の後押しの信じるべき考え方ということなのだ。

『第三都市 幻想画家:福本晋一ウェブサイト』
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukusin/















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック