レオナルド・ダ・ヴィンチ 本当の自画像

これはあまりに有名なレオナルド・ダ・ヴィンチの顔ですが、実はこのレオナルドが描いたオッサン、いやデッサンが本当にレオナルドの自画像なのか証拠は何もない。「わしの顔」なんてどこにも書いていないのだ。いかにも偉人の肖像にふさわしいということで自画像と『されている』だけである。

画像


もちろん自画像の可能性もないことはない。しかしレオナルドは67歳で死に、65歳くらいのときにはもう手がまともに動かなくなっていたらしいから、このデッサンは遅く見積もっても60歳前半のもののはずである。60前半にしては老けすぎであろう。時代、場所を考慮してもである。

レオナルドが美しかったというのは証言がたくさんあるのでまず事実とみて間違いないようだ。はたしてどんな顔だったのだろうか?

有名なのはレオナルドの師ヴェロッキオがレオナルドをモデルにしたというダビデ像である。(下図)

画像


当時の絵画、彫刻は工房をかまえての制作だったので、弟子がモデルになるのは普通のことであった。レオナルドが美青年なら当然モデルになっていたであろう。しかし、根拠はそれだけで、このブロンズ像のモデルがレオナルドだという証拠もないのである。

だからといって否定するのは早い。レオナルド26歳のとき、初の大作となった(未完に終わったが)『三王礼拝』で、右端に立っている男がレオナルドの自画像だといわれており、それとヴェロッキオのダビデは似ているからである。(下図)

画像


これを自画像とする根拠は、レオナルドの兄弟子のボッティチェッリが、同じく『三王礼拝』を描いたときに、右端に自画像を描いているからであるのだが、(当時そういう習慣があったようである)、確かにこの青年は、ヴェロッキオのダビデ像と瓜二つとは言えないにしても、似ているとはいえる。

ちなみにこの青年は、ディ・クレディという画家の『三王礼拝』からしても、その対象の位置(つまり左端)に立っている老人がヨセフであるのに対し、聖ヨハネということらしいのだが、聖ヨハネと言えば、レオナルドが50歳を過ぎて最後に描いた油絵もそれである。

そしてこの最後の油絵『聖ヨハネ』こそ、ヴェロッキオのダビデ像にそっくりなのだ。(下図)

画像


その巻き毛、やや面長で、頬骨が出ていて、口の端だけをあげたような笑み、文句なしに似ていると言っていいだろう。

このヨハネのモデルが誰かは分からない。弟子のサライである可能性は高い。サライもまた美青年だったといわれるからだ。

サライは盗み癖があり、絵の才能も大したことはなかったが、美貌だったゆえ、レオナルドが弟子にしたと言われている。

しかしそれだけだろうか? 手癖が悪く才能もない者をただ美貌だからといって弟子にし、晩年まで連れ添うなんてことがありうるだろうか。

それだけではなくて、サライはレオナルドに似ていたのではなかろうか。

レオナルドは庶子で、父親の本妻に男の子が生まれなかったため、母親から引き離されて育てられた。だからレオナルドは母の愛に飢えており、その母のぬくもりを求める心が後年、聖母マリアや、モナリザに投影されたといわれる。サライが自分に似ていたために、自分が母親のようになって面倒を見たくなった可能性はないとは言えない。あるいは父となってとも考えられる。それがレオナルドにとって、希薄だった親子関係の再現だったのだ。もしそうであるなら、このヨハネは若き日のレオナルドの肖像でもありうるわけである。

特にこの『聖ヨハネ』像は、注文者もわかっておらず、レオナルドが自分のためだけに描き、また特に他者に見せるつもりでもなかったと考えられている。依頼主がいたとしても、レオナルド自身死ぬまで離さず所持していたことは事実である。

この聖ヨハネがレオナルドの自画像、というか自画像にきわめて近いものと、私は推測する。

となると、やはり冒頭の老人のデッサンはレオナルドの自画像ではない。まずヴェロッキオのダビデもレオナルドの聖ヨハネもこんなに下唇が出てない。むしろ上唇が突き出ている。加齢を考慮に入れてもだ。何より、レオナルドはその気変わりの多い性格からして、こんなしかめっつらではなかったと思うのだ。私は今レオナルドを孤独と言ったが、むしろ外見はいつもニコニコ、軽くさわやかに見える顔だったのではないか。ヴァザーリが「レオナルドといると誰もが気分がよくなった」と書いていることからしてもそう思える。

ならばこの老人は誰かとなると、これもときおり言われることであるが、レオナルドの父親だったのではなかろうか。レオナルドの父はレオナルドが52歳のとき、80歳(一説78歳)でなくなっているが、80歳ならこの容貌も納得である。また彼の父は公証人だったので、このようないかめしい顔が身に付いていたとも思える。父がフィレンツェで死んだときレオナルドもまたちゃんとフィレンツェに戻っていたのである。

一時期、この老人像は『モナリザ』にも似ているということで、『モナリザ』自画像説も出たが、正直、この老人とモナリザを似てるとするのは強引であろう。顔の造作の比率などが一緒だということが根拠にされていたと思うが、それは画家個人のバランス感覚で一定なものになってしまって不思議はないからだ。

『モナリザ』と似ているのは『聖ヨハネ』である。『モナリザ』にレオナルド自身の母の思い出が投影されているとはよく言われることだが、『聖ヨハネ』が『モナリザ』に似ていることは、レオナルドとサライが似ており、またレオナルドが母親似であったということで説明はつく。

もっとも、ここまできたら、もうどの絵が誰でもいいといった感じではあろう。これが先ほど「レオナルドの自画像」といわず「レオナルドの自画像に近いもの」と表現した理由でもある。しかし思うに画家の描く絵はすべて自画像のようなものである。

画像


It is said that Verrocchio modeled his bronze statue of David after young Leonardo da Vinci. The face resembles Leonardo's St. John the baptist. The painting might be Leonardo's self-potrait.

『第三都市 幻想画家:福本晋一ウェブサイト』
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukusin/













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

  • 佐藤(石田)まり

    母とダヴィンチ先生の話をしていて、気になることがあってググったら、偶然、先生のブログに出くわして驚きました。(20年以上前、中学の時、先生の美術の授業を受けていました。)
    ダヴィンチの自画像についての考察、大変参考になりました。ヨハネの顔のくだり、なるほどなぁと思いました。
    2019年11月05日 00:22
  • 福本晋一(当ブログ筆者)

    >まりさん

    ブログ見ていただいき、そして書き込みありがとうございます。
    ただ美術の先生とおっしゃるのはお人違いかと存じます。(いえ、知らんふりしてません)私は教鞭をとったことは残念ながらございません。強弁はしょっちゅうしておりますが。
    ^^;

    2019年11月05日 11:02

この記事へのトラックバック