『邪馬台国』と『やまと』が似てる理由~盗まれた邪馬台国

『やまと』は、日本国の古称だと思っている人が多いが、実は古代人がこの列島の国を『やまと』と呼んでいた証拠は実は何もない。

それは、江戸時代後期の有名な国学者本居宣長が、漢心(からごころ)に染まる前のこの国独自の純粋なものを追及しているときに、『日本』という漢字名(つまりは外国語名)を嫌い、なんとか見つけてきた言葉なのだ。

確かに日本書紀には「日本これをばやまとという、以下これにならえ」と注釈はある。しかし、これは後からつけた注釈である。実際、誰も日本を「やまと」なんて読まない。実際のところ、そう呼んでなかったから定着しなかったのだろう。

ならば「やまと」は、奈良地方を指す言葉だったのかというと、実はこれも怪しいのである。日本書紀に出てくる奈良地方の地名は、橿原とか磯城とか現在も使われている地名が出てくるだけで、「やまと」という地名は出てこないのだ。出てくるのは、挿入されている歌(詩)にだけ出てくる。古事記に出てくる「やまと」も挿入されている歌だけに登場する。万葉集にはよく「やまと」が出てくるが、それももちろん全部歌であり、これら歌に出てくる「やまと」は国か地方名かよくわからない。

しかし日本書紀では「やまと」は国名と断言されている。いったいどういうことか?

語源でもはっきりしていれば、「やまと」は地名か国名かはっきりするであろうが、なんと「やまと」は語源不明なのである。平安時代にはすでにこのことが謎扱いされており、「山についた足跡」から来たとか、妙な推測が横行していた。本居先生も、山壺か山内がなまったとか、お茶をにごすようなことをいうばかりである。国名でも地名でもいいが、このように重要な固有名詞が語源不明とはなんとも妙な話ではないか。日本書紀には、日向や浪速など、地名の語源はかなり説明があるにもかかわらずなのである。

私は「やまと」が語源不明なのは、それがそこに元からついていた地名(国名でもいいが)でないからだと思うのだ。「やまと」という地名はその言葉づらだけをあるところから拝借したのではないか。

つまりこういうことである。『日本』という国は、おそらくは、663年の白村江の戦いに負けた百済、倭国の連合軍が列島に逃げ込んで興した国であると考えられる。その直後に正史として日本書紀が編まれた(720年完成)。そこには、太古、神武天皇が現在の奈良地方に都を置いて『日本』を作ったと書かれている。これは当時の『日本』の支配者が自分たちが太古からこの列島を支配していたということにしたかったからそう書いたのに違いない。この時点では、奈良地方の都は「やまと」という地名でなかったのではあるまいか。ところが、そこを「やまと」という地名で呼ばないといけなくなってしまった事態が起こってしまったのである。

それは、中国の史書『魏志』の倭人伝に、西暦220年ごろ、列島の倭国は、邪馬台国を都としていたと書かれていることが日本側に判明したからだ。600年ごろの隋書も同様で、倭国の都は邪靡堆となっている。『日本』は初代の神武天皇以来、現在の奈良地方に都してきたことにしちゃったのに、これでは別に邪馬台なる場所を都としていた国が列島にはあったことになる。そこであわてて、現在の奈良地方を「やまと」と呼ぶことに決め、ひいては、それを『日本』と名付けた国名の読み方にまでしてしまったのではないのか? 

これはあながち根拠のない推測でもない。なぜなら、魏志倭人伝には、邪馬台国という国のみならず、卑弥呼なる女王が頂点にいたということになっていて、これも日本書紀の記述と齟齬しているわけだが、こっちの女王がいた問題のほうは、歴代天皇で章立てしている日本書紀に、ただひとり皇后として神功皇后の章を立てて、「仲哀天皇の皇妃である神功皇后が魏志倭人伝では卑弥呼と書かれちゃったらしいのよん」という注釈までつけ、苦しいながらもなんとか整合性を持たせているからである。

いわずもがな皇后は天皇の后であり女帝ではないので、神功皇后の章はあとからの付け足しの可能性はありうることである。ならば、「日本、これをばやまとという。以下これにならえ」という注釈も魏志倭人伝の存在を知ったあとからの付け足しなのではなかろうか。つまりは奈良地方をやまとと呼ぶことも。 

『第三都市 幻想画家:福本晋一ウェブサイト』
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukusin/


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック