戦略的に絵を描いてもしょうがない

新作です。完成したのはもう6か月前なんですけど。

疾走.jpg
地平線 F20号油彩


相変わらず写真撮って、ブログにアップするのが面倒くさい。横尾忠則さんが『アホになる修行』という近著で「現代の美術界でやっていくには戦略的にやらなくてはいけないのかもしれない。しかし戦略的に生きないほうが楽に生きられるのではないか」ということを言っていましたが、まさにそれ。正直「戦略的」にやるのがもう最近イヤになってきた。というか、芸術で「戦略」って何やねん。そんなことしてたら、「戦略」ってものに自分の絵がいつか侵略され、本末転倒な事態になりそうな気もします。大家でもそんなふうになった人、散見できる気がします。

それとこの絵は、公募展に応募しようと「とっておいた」というのも発表が遅れてしまった理由です。「とっておく」これなんかも「戦略」ですわな。でも公募展は大体規定サイズのマックスサイズが上位入賞と決まってますので、公募展に応募するならさらにそのサイズに描き直さなくてはならないという「戦略」も考えてしまう。しかし、そういう「計算」をしているうちに面倒くさくなってきて、「もう戦略思考やめた!」ってなってしまいました。確かに横尾さんの言われる通りそのほうが楽です。確かにそれは賢くないことなのかもしれません。つまり横尾さんが言う「アホ」。しかし、賢く立ちまわったところで結局長い目で見れば、そのほうが大事なもの見失うようなアホなことなのかもしれません。そこには何か間違った「思い込み」がある気がします。

しかし相変わらずタイトル考えるのも面倒くさい・・・。考えるの好きそうな人もいるけど。

『第三都市 幻想画家:福本晋一ウェブサイト』
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukusin/















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント