日本海軍航空母艦 艦橋位置変遷の真相

私は航空母艦が好きで何度か描いているが、今日は日本の航空母艦のあることについてちょっと気が付いたことがあるので、マニアックな話にはなるが書き留めておきます。それは、日本の航空母艦のころころ変わった艦橋の位置の真相について。

アメリカの航空母艦などは最初から最後までずっと艦橋は飛行甲板の右舷中央である。そのうしろに煙突がある。変更点があったのは最初は艦橋と煙突は別々に立てられていたが、じきに一体となっているといった程度のことである。対して日本の空母は何度も艦橋の位置を変えている。その変遷の伝えられている理由が何かアヤシイのである。逐次追ってみよう。

まず最初は飛行甲板の上には艦橋も、煙突も何も立てるなということで、煙突は右舷横に張り出させ(加賀は当初両舷に振り分けられたがのち右舷のみに改装されている)、艦橋も飛行甲板の下に置かれていた。そりゃ飛行機の発着からすれば、飛行甲板の上には何もないほうがいいに決まっているのだが、そのうち操舵、発着その他の指揮がやりにくいということで、やはり飛行甲板上に艦橋を立てることとなった。最初は加賀の改装時で、右舷前方に立てた。ここまではよい。ところが、右舷前方は飛行機発艦の邪魔になるということで、次に艦橋を新設する赤城では、艦橋を中央部まで後退させよとなった。しかし、右舷中央には横に張り出した煙突がある。(艦船は港湾での左舷接岸が世界的にルール化しているので、当初左舷の横にも煙突を設けた加賀の試みは大失敗であったわけである)そこで赤城では艦橋を反対側の左舷の中央に設け、今後はすべてこの位置にせよと決まった。ところが実際に赤城で左舷中央艦橋ができてみると具合の悪いことが分かった。これは着艦時の気流を乱したためと説明されることが多いが、実際は当時の艦載機であるプロペラ単発機はプロペラの回転のために左側へ寄る指向性があるためであったというのが本当のところのようである。

しかしそれが本当にせよ、この話の展開はおかしくはないか? 飛行機が左に寄りぎみなことも分かり切ったことでありそうなのもあるが、そもそも右舷前方艦橋では発艦の邪魔になるというのがアヤしすぎるのである。発艦より着艦のほうがはるかに困難なのだから艦橋は着艦に邪魔になる後ろよりは前のほうがいいはずである。このとき、今後、艦載機は大型化し、発艦の滑走距離は長くなる、そのとき前方艦橋は邪魔になる、着艦は制動索にフックをひっかけるので短い距離でいいので艦橋は中央にあっても関係ないということがあげられているが、発艦の滑走のために艦橋が邪魔になるなら中央にあったって邪魔だろう。少なくともパイロットたちが「今後、艦載機は大型化するので」などというわけはない。

私は発艦着艦云々はウソだと思う。他に左舷中央艦橋にしたい理由があったのだと思う。それは、指揮官にとって居住区から艦橋へ行きやすくなることだ。なぜなら赤城は、当初両舷に煙突が儲けられていた加賀と違い、最初から煙突は右舷のみとしており、それゆえ上級指揮官の居住区は左舷中央にあったからである。だから赤城の場合、島型艦橋を新設するなら左舷中央がいいというわけである。(ちなみに船は基本的には右舷が上座である)もちろん指揮官の移動に便利というのも、艦橋を左舷中央にする理由のひとつとして挙げられていたことではあるのだが、優先順序的には低いよう、ついでのように見せかけている。しかし実はこれが一番の理由だったのではないかと私はにらむ。つまりパイロットの都合なんて二の次にした、すべては指揮官側の理由。艦橋が中央にあるほうが作業の指揮などがしやすいというのもあげられていたが、これだって指揮官側の都合の感じが強い。(ちなみにこの数年前に完成した高尾型重巡洋艦なども指揮官サイドの諸室要望を取り入れすぎて艦橋が異常に巨大化してしまっている。この巨大艦橋は平時にはよいが実戦向きではないと海外の海軍造船関係者に失笑を買ったそうである)

もちろん指揮官の居住区と指揮場所は近いのに越したことはない。だからこの点を設計の検討項目としてリストアップすること自体はおかしくない。だが、他の問題をまったく無視し、これがそのまま通ってしまったというのなら、やはりよく言われる日本では上層の意見ばかりが通り過ぎで、下位の者、新参者(つまり航空屋さん)にしわ寄せが行ったということではないのかと思う。のみならずお偉いさんがたは、飛行機が左に寄ることも考えてなかったなんて恥ずかしいものだから、右舷前方では今後の発艦に邪魔になるとか、左舷中央では着艦時の気流が乱れることが分かったとか違う理由を並べ立てたのではないか。中央艦橋で気流が乱れるなら、アメリカ空母やのちの大鳳、信濃なども同じではないか。また書籍では赤城で仮の左舷中央艦橋を建てて試してみて問題ないことを確認していたと書かれていることがあるが、赤城で試された仮艦橋の位置は右舷前方で、左舷中央に仮艦橋を置いた写真はない。だからこれも多分ウソである。以上の私の推測が当たっているなら、それはのちのミッドウェー海戦での大敗北やレイテ沖海戦での反転のそれぞれの真の要因、及びその後の指導部の逃げ口上の言い訳とも通じている日本軍上層部の気質の気がする。

ともあれ、左舷中央艦橋の危険性はあまりに無視できないものであったため、竣工間際であった飛龍はそのまま左舷中央艦橋となったが、工事が開始されていた翔鶴型空母の2隻(翔鶴、瑞鶴)は設計変更で右舷前方艦橋に変えられた。だから翔鶴型の艦橋位置はかなり内側、つまり飛行甲板に食い込む形になっている。これは仕方がなかった。艦橋が飛行機にとって邪魔なのは動かしがたい事実なのだから、本当はできるだけ外側に張り出させて設けたほうがいいに決まっているのだが、艦橋を外側に張り出させるなら重量バランスをとるため、反対側も何らかの形で何かを張り出させる必要がある。(のちの大鳳などは後部の飛行甲板を左側にずらして重量バランスを相殺している)だが、翔鶴型の場合、かなり工事が進捗したあとの急な設計変更だったためにそこまで対応できず、結局内側に食い込むことになったのだろう。

しかしここでまたひとつ妙なことに気づく。というのは、左側に艦橋がある2隻、つまり赤城と飛龍もまたかなり艦橋は内側に食い込んでいるからである。左舷艦橋の有利な点は、煙突と反対側にあって重量バランスがとりやすいということであったはずだ。だから左舷艦橋は邪魔にならないよう外に張り出させやすいはずなのに実際はそうなっていないのである。むしろ加賀や蒼龍の右前方艦橋のほうが飛行甲板の外に張り出した形で設けられている。のち右舷前方の位置が定着してから設計された隼鷹型、雲竜型もやはり外に張り出している。これはどういうことか? 実は、赤城と飛龍も、もともと右舷艦橋として計画されていたのが、工事中(赤城の場合は改造工事中だが)に、左舷艦橋にせよとなったのではないだろうか? 左舷艦橋にせよとのお達しが出たのは1935年とされているが、実際はもう少しのちの1937年初頭であったとすれば、それは飛龍が進水する約10か月前となり、のちの翔鶴の艦橋位置変更と工事期的に同じであり、そんなに無理な話でもなかったことになる。

ともあれ、日本空母の艦橋位置決定はまだ終わらなかった。翔鶴型を発展させた次の正統たる正規空母大鳳では飛行甲板に装甲を施したため、その重心を下げるために飛行甲板の高さが下げられた。これに従来の横への張り出し煙突を踏襲すると、艦が傾いたときに煙突位置が低すぎて、排煙口が海面についてしまう恐れがあった。そこで大鳳ではついに煙突も飛行甲板上へ立てられることとなった。もちろん艦橋と煙突と二つも構造物を立てたら邪魔だから、一体化された。ゆえに艦橋は従来の右舷前方よりは煙突に近いところ、つまり中央に寄った。ということは結局どういうことになったか。アメリカの空母と同じ位置、同じ煙突と一体型の構造になったのである。

アメリカ空母では最初から巨大な構造物としての艦橋と煙突は必要悪ということで割り切っていたようである。しかもアメリカ空母は飛行甲板と格納庫のあいだにギャラリーデッキという一層分の居住空間があり、そこが指揮官居住区になっていた。だから士官居住区と艦橋の距離的乖離も早くに解決されていたのであった。この件のみならず、合理に徹する思考法を持ってる分、空母に関しては(も)アメリカのほうが進んでいたというほかはない。

『第三都市 幻想画家:福本晋一ウェブサイト』
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukusin/


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント