『インスマウスの影』と『アブサロム、アブサロム!』~アメリカの暗部

『フォークナーとラヴクラフト』などというタイトルで一文をしたためるとなると、「頭がおかしいんじゃないか」という声が、特にフォークナー・ファンのほうから聞こえてきそうである。いや、そう言われるのはまだいいほうで、おそらくフォークナーの読者はラヴクラフトなんてなじみがないだろうし、ラヴクラフトの読者のほうはもっとフォークナーなんて知らないだろう。同じ20世紀前半のアメリカの小説家同士とはいえ、かたや…

続きを読む

真珠郎はどこにいる?~横溝正史『真珠郎』のモデルとなったモボ

私は特に横溝正史ファンなわけではありませんが、『横溝正史読本』という横溝のインタビュー本は大好きで、今でも読み返します。その中で今回読み直して気づいたことがあるので書いておきます。 今回読んで目にとまったのは、横溝さんがやたら青年期の探偵作家仲間である中村進治郎なる人物を「いい男だった」「美少年だった」と連発していることでした。そういえば横溝の作品には美少年が出てくることが多い。代表作の『…

続きを読む

なぜ桃太郎はきびだんごで仲間を集められたか

今日も私はひとつの発見をした。しかし、すぐに私は冷静になり、この発見、もうとっくに誰かが見つけてるだろうと思った。しかし、ネットで調べてみると、どうやらまだ出てない! そこで一応書いときます。それは桃太郎の話の真実。 まあ、童話、御伽噺を精神分析的に解析するのも今さらと思うのですが、桃太郎についても、いろいろ書かれてますね。よくあるのは、桃太郎の鬼退治は、海外遠征、ときには、近代日本の、大…

続きを読む

『仮面の告白』存在の証としての誕生と死、『豊饒の海』何作も書き続けることの暗喩としての輪廻転生~私の三島由紀夫論

三島由紀夫はなぜあのような異様な死に方をしたのか。それが説明しがたい理由は、そこに通常の人間の感覚では分かりにくいポイントが秘められているからに違いない。そのポイントとは何か? 無論それこそ難問である。しかし、私は最近、学生時代によく読んだ三島由紀夫を読み返していたさい、そのポイントに関係すると思われるある重大な符号に気がついた。まずはそれから述べさせていただこう。 それは彼の晩年のエッセ…

続きを読む

芥川龍之介『歯車』における『レエン・コオト』の正体

ちょっと芥川龍之介の遺作小説『歯車』を読んでて気がついたことがあるので書き記しておきます。多分、今までどの文学者も指摘してないことだと思うのですが、どうか。 この小説は好きで何度も読んでいる。芥川を自殺に追い込んだいろいろな妄想が描かれている傷ましい短編なのだが、私は、不謹慎なことに、なかば怪奇小説として読んでいる。しかし不謹慎とばかりは言えないかもしれない。なぜなら芥川自身、基本的に事実…

続きを読む

エドガー・アラン・ポー 「カラス」(大鴉) を訳してみました

エドガー・ポーの代表作の詩 「カラス(The Raven)」を訳してみました。Ravenはcrowのカラスではなくワタリガラスのことらしいですが、かえって分かりにくくなるのでやはり「カラス」にしました。ポーはこの詩を自己解説した「構成の原理」というエッセイで、カラスが口にする「Nevermore」という言葉のリフレインを効果的に使ったのだと主張していますが、これが従来は「もはやない」とか「またと…

続きを読む