なぜ大和型3番艦の名は信濃なのか?

戦艦大和といえば誰もが知る日本が建造した世界最大の戦艦だが、この大和型戦艦の3番艦は空母に設計変更されている。名前は信濃。空母としても当時世界最大の艦だった。しかしなぜ3番艦の名前が信濃なのだろうか? 旧海軍の戦艦は旧国名をつけられる。これは戦艦から空母に設計変更になった艦の場合も同じであり、だから旧国名なのは問題ない。なぜ大和、武蔵ときて次が信濃かということなのだ。 同型艦の場合、…

続きを読む

日本海軍航空母艦 艦橋位置変遷の真相

私は航空母艦が好きで何度か描いているが、今日は日本の航空母艦のあることについてちょっと気が付いたことがあるので、マニアックな話にはなるが書き留めておきます。それは、日本の航空母艦のころころ変わった艦橋の位置の真相について。 アメリカの航空母艦などは最初から最後までずっと艦橋は飛行甲板の右舷中央である。そのうしろに煙突がある。変更点があったのは最初は艦橋と煙突は別々に立てられていたが、じきに…

続きを読む

レイテ沖海戦 栗田艦隊の反転を擁護する

栗田艦隊のレイテ湾直前の反転といえば、太平洋戦争における、もっとも大きな謎のひとつとされているが、私は謎と思ってない。フィリピンのレイテ島に上陸したアメリカ軍を叩くために出撃した栗田艦隊は、レイテ湾の東入り口に達したとき、北方に敵機動部隊がいるという電報を受け取ったためレイテ突入をやめ反転、その敵機動部隊を追って北上してしまった。だが、そこに敵はいなかったため、栗田艦隊はそのまま元来た道をたどり…

続きを読む

UFO――冷戦下における核戦争への恐怖からの目そらし

『UFOとは何だったか?』と過去形なのは、もうUFOの時代は終わったと思うからだ。そういうわけだから、「何だったか」と言っても、それが宇宙人の乗り物だったのか、自然現象だったのかとそういうレベルの話をしたいのではない。世界的なあの「UFOブーム」とは人間にとって何だったのかという本質的な話を考えたいのである。 実は私自身、子供時代、大のUFOファンだった。しかし、今はもう信じていない。周囲…

続きを読む

飛行機の時代になぜ戦艦大和を作ったか

なぜ戦艦大和を作ったのだろうかというのはよく見かける疑問である。 世界最大の戦艦、大和が完成したのは対米戦争開戦とほぼ同時だが、ふたをあけてみれば戦争は飛行機の時代になっていたので、大和は何もできないまま飛行機の攻撃によって沈められてしまった――とそう言われているが、確かに、飛行機の時代(空母の時代)になるってことを、大和を作り始めたときに分からなかったのかと思ってしまう。 この疑問…

続きを読む