ジョンソン・ワックス社ビルと仏教建築

画像


フランク・ロイド・ライトの建築が日本建築の形態の影響を受けていることは誰もが知るところである。ロビー邸は平等院鳳凰堂(下図)だし、ユニティ教会のプランは、日光東照宮の本殿と拝殿を『呂』の字型につなぐプランを踏襲している。

画像

画像


この『呂』の字型プランは、落水荘と並んで彼のもっとも有名な建築ジョンソン・ワックス社ビルでも使われている。

画像


そして上図のジョンソン・ワックス社ビルの全体写真を見たら、誰もがもうひとつの日本建築を連想するだろう。つまり四角い塔が回廊に囲われている部分である。それは明らかに塔を持つ仏教建築の伽藍配置だ。

ライトにおける日本建築の影響はそれだけではない。この建物にはふたつの特徴的ディテールがある。ひとつはガラスチューブによる採光窓である。

画像


これは周囲の工場街を見せないで、外光だけを採り入れるという考えの元に採用されたものだが、管状の素材を水平に連ねて採光と視線を調節するということであれば、簾の影響があることは明白であろう。(簾自体は日本建築だけのものではないが)ただ単に採光と視線の調節なら曇りガラスでいい。

かようにこの建物には日本建築の影響が見て取れるのである。

しかし私は以前から、このジョンソンワックス社ビルにおいてどこからその形を持ってきたか分からない部分があった。それは上の写真で、塔と向かい合ったところに配されている、45度にふった壁を持つ3階部分、ライト自身が「鼻孔」と呼んだ部分だ。真上から見たほうがより分かりやすいと思うので、下にそれを示す。

画像


この部分は経営陣のオフィスがある箇所になっている。この特異な形状はいったいどこから出てきたのだろうか? この部分の二階、一階はこのような形状をしておらず、三階で急に出現し、いわば二階の屋根の上にとってつけたように置かれているのである。これは本当に「鼻孔」だったのか? なるほど、鼻の孔にあたる部分は換気塔なのだと思われるが、日本建築、仏教建築というモチーフを重ねてきて、ここでなぜ急に「鼻孔」なのかと思えてむずかゆくなるのである。

それが最近ハタと芋づる式に気づいたのだ。

きっかけは、釈迦の本であった。そのとき私は頭が釈迦漬けになっていて、すべてが釈迦に関係あるように見えてしまっていた。そのとき、このジョンソン・ワックス社ビルの最も有名な内部の写真をふと見た。(下図)この大空間は、今、私が疑問にしている三階部分の下部にあたる。

画像


丸い天井を頂いた柱という最もこの建物を特徴づけているこのディテールは、ライト自身が「マッシュルーム」と呼んでいたこともあって、一般に「キノコ状」と表現されることが多いのだが、これの発想の原型は蓮の葉ではないのか?(下図)

画像


言うまでもなく蓮は仏教で大切にされている植物だ。今は泥沼でも、いずれその泥沼から茎が伸び、葉を開き、花も咲くという意味があるらしい。そして仏教においても、蓮の上にいつも何か乗っかっていないか? 

すなわち座禅を組んだ仏陀である。

画像


『有機的建築とは何か?』

『第三都市 幻想画家:福本晋一ウェブサイト』
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukusin/


















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

有機的建築とは何か? フランク・ロイド・ライトと近代工業生産品の美。
Excerpt: フランク・ロイド・ライトの建築が好きだ。なぜかといえば美しい、というか、もっと平たく言えば「かっこいい」からだ。
Weblog: 第三都市~福本晋一 私の幻視世界
Tracked: 2016-07-20 22:45