芸術家に一番必要なものは感性でなく虚無

芸術家に一番必要なものは何か?
それは、

欠損の感覚だと思う。『虚無』と言いかえてもいいかもしれない。

多くの人は芸術家に一番必要なものは「豊かな感性」というかもしれない。確かに『感性』は必要だ。しかし『感性』など早い話、誰でも持っているのである。岡本太郎が言ったように、『常識』でそれが覆われてしまっているだけの話で。

また『頭脳』なども芸術家には大して必要はない。小説家のモームも「小説を書くのにはそこそこの頭脳があれば足りる」と言っているし、最近ちらと見た本でも「頭のいい人、回転の速い人は小説家に向いてない」と書いてあったが、そうだと思った。

『頭脳』が必要なのは、芸術家、作家でなく、むしろ評論家であろう。私は評論家の書いたものを読むたびに、彼らの頭脳に感服してしまう。文芸で言えば、全般的に言えば、小説家より文芸評論家のほうが、頭がいいと思う。作品を読んで感じたことを、文章というものに明晰にし、体系化するというのは頭のいい人のみができることであろう。するどく感じることもできるのだから、評論家が『感性』豊かなのも間違いがない。

画像

           海峡Ⅱ 45.5×65.6㎝ 油彩

私は今、頭がいいから、評論家のほうが作家より上だなどと言っているのではない。両者は守備範囲も求められる才能も違うという話をしているのだ。評論家には作家を目指していたがなれなかった人が多い。なぜか? つまりは芸術家に一番必要なものである欠損の感覚、『虚無』がなかったからではないか? 虚無を持っていたのだとしても、その虚無の問題は芸術と関わるにあたって、鑑賞の段階、あるいは批評の段階で解決できうるものだからではなかったか?

芸術家における『虚無』というのは、政治的、経済的なものでは救えないもっと存在の根源的なものだ。作品なるものを創るということでしか救えない。いや、もしかしたら、それでさえ救えないのかもしれない。作家の発狂、自殺というのは、けだしその傍証である。

『虚無』は「才能」ではない。むしろ「災厄」と言い表すほうが正確だ。『虚無』という怖ろしいものがまずあって、それと戦うために作品が創られる。そのときに「才能」というものは付加的に現われてくるものである。一般に「あの人には才能がある」と言うとき、それは頭のよさだったり、他人が感心するような感性だったり、手先の器用さだったりする場合が多い。芸術家における『才能』なんて、作品ができてから、あとでだけ分かる類のものだ。つまりは「あるなし」を最初に気にかけること自体ナンセンスなものである。

そして、また『虚無』も、誰でも持っているものなのである。『虚無』との戦いは人間のもっとも根源的なものであり、だからこそ芸術作品は多くの人に感銘を与えることができるのだ。われわれはひとつ間違えたら、皆、『虚無』の世界に落ち込む可能性がある。『虚無』はある人には多くて、ある人には少ないというものではない。人間は皆、実は『虚無』の世界にさらされており、ただそれを見ない、感じないですむだけバリケードを持っているかどうかの違いに他ならない。芸術家はそのバリケードを持たないので、バリケードを自分で作るしかない人種なのである。そういう意味では、芸術というのは常に人間最後の砦であり、芸術家はその最後の砦の番兵である。

こう考えてきたら、この記事のタイトルも訂正が必要だろう。つまり、「芸術家に一番必要なものは『虚無』」という言い方はおかしいのであって、人間の根源的『虚無』を多く目の当たりにせざるを得ない人間が芸術家になるのに近いところにいるというのが正確である。もっとも近いところにいるから、なれるものでもないだろうけど。

『第三都市 幻想画家:福本晋一ウェブサイト』
http://www7b.biglobe.ne.jp/~fukusin/









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック