クラシック音楽とはつまりソナタ形式である~ソナタ形式論

クラシック音楽でよく聴く『ソナタ形式』という言葉。しかし『ソナタ形式とは何か』ときたら、なかなか難しい。wikipedeiaなどでも、わかりやすく説明されているとはいえず、主題提示部やら展開部やら、主調の属調の第二主題やら、お経めいたことばかりが書き連ねてある。 それでも私は、ソナタ形式にクラシック音楽がクラシック音楽であるところの神髄があると考えている。『ソナタ形式は何か』と問うことは、…

続きを読む

ベートーヴェンの「最高傑作」弦楽四重奏曲第14番が表すもの

ベートーヴェンの最晩年の作品、弦楽四重奏曲第14番嬰ハ短調は、ベートーヴェン自身「最高傑作」と言ったという。実際、古参のベートーヴェンファンにはこの曲を「最高傑作」と思っている人は多いようだ。その一方で、「いまだ良さが分からない」というベテランリスナーも多くいるという案外と評価が定まってない印象の作品でもある。 どちらにせよ、この曲は、一般の人には、第1楽章の憂愁と第5楽章の諧謔性が耳を引…

続きを読む

ベートーヴェンの最高傑作は何か?

ベートーヴェンの肖像を描いてみました。             ところで、ベートーヴェンの曲は好きなのですが、ちょっと頭で考えすぎじゃないかと思うことがあります。観念が先行してしまいがちのときがあるというか。私が一番好きなのは、ベートーヴェンをベートーヴェンたらしめた交響曲第三番英雄、すなわちエロイカですが、それはこの曲があまり頭で考えられてないからなのが大きいです。伸び伸びしている…

続きを読む